夏だけじゃない!秋に来るカラダの不調「秋バテ」にならないカラダづくり

  • 全年代
  • ・自律神経
  • ・生活習慣
  • ・腸内環境
  • ・適度な運動

夏から秋にかけての気温の変化や暖かい日中から夜にかけての温度の変化などの寒暖の差の繰り返しで、「夏バテ」のような症状があらわれてしまう「秋バテ」の原因と対処法をご紹介します!

CONTENTS

聞きなれない「秋バテ」ってなに?

暑い夏に起こる「夏バテ」は、8月の暑い時期に体力や食欲が低下し、体がだるい・食欲がないといった不調があらわれる症状のことです。しかし、涼しくなった9月になっても「夏バテ」に似た症状があらわれてしまうことがあります。これは秋特有の体調不良で「秋バテ」と呼ばれています。

「秋バテ」の主な症状は、疲労感、食欲不振、不眠などがありますが、これらが起きる原因として朝夕は涼しくなり、日中は夏のように暑い「気温の変化」に体が対応できず、自律神経が乱れることが深く関係しています。
「夏バテ」との違いは、「夏バテ」は暑さによるもので「秋バテ」は温度差によるものなのです。

自律神経は、体温維持や発汗、内臓の機能などの働きを自動で調整し、カラダを活動的にする交感神経とリラックスさせる副交感神経の2つが交互に働いています。
このバランスが乱れると、ストレスを感じやすくなったり、気分が落ち込みがちになったりと、心身共に疲労が溜まりやすくなります。例えば、寒暖差に順応するために交感神経が強く作用すると、疲れやだるさを感じやすくなるのです。
さらに、自律神経は不規則な生活やストレスでバランスを崩すため、自律神経が乱れて体調維持が追いつかないと、秋特有のカラダの不調である「秋バテ」に繋がってしまうのです。

「秋バテ」にならないカラダづくり

●腸内環境を整える
腸は「第二の脳」と呼ばれるほど、ストレスや緊張などの精神的な影響を受けやすい器官です。腸が不調な状態ですと、副交感神経の働きが低下してしまいます。
腸内環境を整えるには下記のような腸活を取り入れることをおすすめします。

・朝起きたらコップ1杯程度の水を飲む
・適度なストレッチで腸を刺激する
・食物繊維や乳酸菌をふだんから積極的にとる
・夕食を食べてから3時間は消化時間にあて消化を促進させる

●快適な睡眠
快適な睡眠は副交感神経が働くことで、自律神経のバランスを整えるには重要で、心身の疲労を解消し細胞の修復も行われる大切な時間です。
快適な睡眠を得られるよう、カラダをしっかり温められる寝具とナイトウエアを選ぶことも大切です。夏の間は掛け布団を使っていなかった、またはタオルケットだけだったというような場合は、冷えを防げる毛布や布団を取り入れていきます。
普段から寝不足がちの人は8時間程度睡眠をとるように努め、朝スッキリ起きて朝日を浴びると効果的です。

●入浴
自律神経を整えるためには、入浴でカラダを温める事も欠かせません。
お風呂に入ると睡眠時のように副交感神経の働きが高まり、リラックス効果を得られ、蓄積した疲労も回復します。
熱すぎるお湯は逆に交感神経が働いてカラダが興奮状態になってしまいます。
38~40℃のやや暖かめのお湯に時間をかけて浸かりましょう。

●適度な運動
適度な運動をすることで心臓から血液が送り出され、自律神経を整える神経伝達物質が活性化し、爽快な気分になり体力向上に伴う免疫力アップにも繋がります。
運動で心とカラダを充実させ「秋バテ」改善するには、深い呼吸を意識して無理なくできる有酸素運動がおすすめです。

「秋バテ」解消!おすすめの食事

「秋バテ」は急激な気温の変化によって起こるため「秋バテ」を解消するには体を温めることが重要です。夏の感覚のまま、冷たい飲食物を摂るのは控えて温かい食事を摂りましょう。カラダを中から温める事が重要です。
生姜や温野菜のスープなど、体が温まる食事を摂りましょう。

また一日三食しっかり食べ、バランスの取れた食事を摂ることを心がけましょう。特に朝食をしっかり食べる事は、自律神経を整えるために大変有効です。朝食を抜きがちな方は、生活習慣の見直しにも繋がりますので、ぜひ朝食を食べるようにしましょう。

また、豚肉、大豆製品(豆乳、納豆など)玄米などはビタミンB1が含まれ疲労回復の効果が期待できます。ビタミンB1は旬の食材のきのこや栗やさんまにも含まれており、旬の食材はその時期に栄養が充実しているため、自然と不足しがちな栄養を摂るのにピッタリです。

季節の変わり目に起きる「秋バテ」の原因である自律神経の乱れを、規則的な生活習慣と適度な運動を取り入れて整え、秋を快適に過ごしましょう。

この記事は参考になりましたか?

はい

いいえ

最新記事をチェック!

ランキングランキング

目的