春のカラダ免疫力アップのススメ

  • 全年代
  • ・毎日を元気に過ごしたい
  • ・リフレッシュしたい

先日都内でインフルエンザの流行警報が発令されました。
空気が乾燥するこの季節、インフルエンザ以外にも風邪にかかりやすい時期ですよね。
免疫力をアップして、元気な毎日を過ごしましょう。

CONTENTS

腸活で免疫力アップ

免疫力UPにおすすめなのが 腸活 です!
腸には全免疫細胞の6割以上が存在し“人体最大の免疫器官”とも言われています。

腸には食べ物や飲み物と混ざって病原菌やウイルスが頻繁に入り込んできます。
侵入する異物や病原体を排除できるよう免疫細胞が集中していると考えられています。

腸内環境の悪化は免疫機能の低下に直結するため、有害物質に立ち向かえず、風邪やインフルエンザ、アレルギーの発症などさまざまな病気を誘発してしまいます。
風邪に負けない腸美人を目指しましょう!

〈おすすめ腸活〉

食物繊維を上手にとる
食物繊維は腸の環境を整えるはたらきで有名ですが、大きくわけて2種類存在します。

●水溶性食物繊維(おくら・ごぼう・モロヘイヤ・春菊・なめこなど)
便に水分を与えスムーズに排出させるはたらき
●不溶性食物繊維(こんにゃく・しいたけ・まいたけ・たけのこなど)
便の量を増やし腸の活動を盛んにするはたらき

便秘気味の場合、不溶性食物繊維でかさが増えると便秘を助長する可能性もあります。
排出を助ける水溶性食物繊維の摂取がおすすめです。
下痢の場合は腸を刺激する食物繊維は避け、回復してから水溶性・不溶性バランスよく摂取することがおすすめです。

腸のはたらきをお手伝い
食事からではなく、体の外からの刺激によっても腸を活性化するサポートができます。
リベリープログラムでのおすすめはやはり「バウエルセラピーヨガ」での腸もみです!
腸へのアプローチ方法は様々ですが、過度なストレスを与えないことも大切です。
忙しい毎日のなかにほっと一息つける時間を作りましょう。
美しい腸が元気なカラダをつくります!

鼻呼吸で快適生活

朝起きたら喉が痛くなっていた、なんだかイガイガする・・・そんな経験ありませんか?
それは口呼吸が原因かもしれません。

呼吸には鼻呼吸と口呼吸があります。
鼻から吸った空気は鼻腔を通ることで浄化、加湿され体内に取り込まれます。
一方、口から吸った空気は、空気中の細菌やウイルスなどをダイレクトに体内に取り込んでしまいます。
さらに、口呼吸は口内が乾燥し、風邪を引きやすくなる恐れも・・・
健康のためにも鼻呼吸を意識することが大切です!

〈おすすめ鼻呼吸トレーニング〉

まずは、口を閉じる習慣を身に付けましょう。
口を閉じるということは鼻呼吸をしているということです。
口が開いてしまいやすい原因の一つとして顎の筋肉が弱いことが考えられます。
顎を鍛えるトレーニングを取り入れてみましょう!

◆あいうべ体操
「あーいーうーべー」と口を大きくゆっくり動かすことで舌や顎の力がついて自然と口を閉じることができるようになります。
毎朝10回ずつ、慣れてきたら朝昼晩に10回ずつで1日30回を目標に練習してみてください。

口呼吸の改善でウイルスが侵入しにくく風邪に負けない身体作りを目指しましょう!!

春のムズムズ花粉症対策

2020年春の花粉飛散予測は例年を上回る見込みといわれています。
花粉症は日本人の4人に1人が発症していると言われ、過ごしにくさを感じているかたも多いのではないでしょうか。

花粉症はアレルギー反応のひとつで、アレルギー反応とは体内に侵入した有害なものをやっつける免疫機能が不必要にはたらいている状態です。
つまり有害でないスギ花粉に対して免疫機能がはたらき体から追い出そうとして鼻水やくしゃみなどの反応が起こるのです。
不快な症状が多く日常生活に支障をきたす場面もありますよね。

そこで本日は今日からできる毎日の花粉対策を3つお伝えします。

朝:ツルツル素材の服を選びましょう

外出するときの洋服によって、家に持ち込んでしまう花粉の量には大きな違いがあります。
ウールや綿よりもポリエステル製など、表面がツルツルしているものは花粉が付きにくいのです。
春先の洋服選び、迷ったときの決め手にしてみてはいかがでしょうか。

日中:室内でも注意を

1時間の換気で部屋に入る花粉の数は1000万個程言われています。(部屋の大きさなどによって異なります)窓を開けるのは10cmくらい、レースカーテンを使うことで約4分の1にまで減らす効果が期待できます。
室内だからと油断せず、寄せ付けない工夫をしましょう。

夕方・夜:ガラガラうがいの習慣

春先に喉がイガイガする経験をされたことはありませんか?
鼻から吸いこみ体内に付着した花粉は粘膜のはたらきで喉の奥の方へ送られます。
これがイガイガの原因です。帰宅後のうがいを習慣づけ、喉の花粉を洗い流しましょう。

誰もが抱え得る花粉症は日ごろの対策で過ごしやすさが大きく変わります。
日々の少しの工夫と習慣で花粉の季節を乗り越え、あたたかな春を迎えましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事は参考になりましたか?

はい

いいえ

最新記事をチェック!

ランキングランキング

目的

「いいね」したくなる新情報、
続々更新中!