忙しくても大丈夫!カラダスッキリ!「時短トレーニングのススメ」

  • 全年代
  • ・キレイなカラダになりたい
  • ・忙しいけどカラダを変えたい
  • ・脂肪を減らしてスリムになりたい

スリムで引き締まったカラダを手に入れるには、やっぱり食事と運動。
いろいろなトレーニング方法がありますが、なかなか忙しくて続かない・・・。なんとなく運動しているけど変わらない・・・。そんな方にこそ試してもらいたいHIIT(高強度インターバルトレーニング)をご紹介!
“短時間”&“集中的”なトレーニングで脂肪もスタイルもスッキリしませんか?

CONTENTS

今話題のHIITって?

●軽め長め運動ときつめ短め運動は効果が同じ?

HIITとは高強度インターバルトレーニングの略で、集中した短時間のきつめの運動と不完全な回復を繰り返し行うことで一定の心拍数ゾーンを維持させるインターバルトレーニングのことを言います。
このようなトレーニングは「エポック効果」「アフターバーン効果」といって、トレーニング中のカロリー消費はもちろん、運動後にしばらく脂肪燃焼効果が続くのがその特徴。
その秘密は「酸素負債」。猛ダッシュをした後息が上がる仕組みと同じで、運動中はほぼ無酸素になることで体内の酸素に借りがつくられますが、運動後にその借りを返済するためたくさんの酸素を摂取することで酸素摂取量があがり運動後も燃焼効果が続くのです。

脂肪燃焼にはたくさんの酸素を摂取するのがポイント。
続けて行う有酸素運動では“運動を続けるため”に酸素が使われますが、同じ量の酸素が運動中・後に摂取できれば時間は関係ないということなんです!
時間がない忙しい方にはうれしいメソッドですね!

アスレチック気分で楽しんでスタイルアップ!人気のスパルタンレースとは?

流行に敏感な女性が多く参加する今話題のスパルタンレースをご存知ですか?

新しいことが大好きな人にも、今の日常にちょっと物足りなさを感じている人にもおススメ!今世界中で話題のスパルタンレースについてご紹介しましょう。

HIITで叶える!理想のカラダのうれしいポイント3つ

トレーニング方法は目的に合わせて選ぶことが大切です。
HIITが得意なのは“スリムでキレのあるカラダづくり”
そんなHIITのうれしいポイントをご紹介します!

● 脂肪燃焼効果が高い!

前半でご紹介したように、「エポック効果」で運動後も燃焼効果が続くのがうれしいポイント!できれば午前中などに行うことで、1日の消費カロリーもあがりやすくなります!

● スリムな筋肉がつけやすい!

HIITの種目はいろいろありますが、心拍数をあげるため止まって行う筋トレよりも動きながら全身を使う動作が多いので、細くて長いキレのある筋肉がつけやすいメリットが。

● 運動が苦になりづらい

長い時間継続してキツイ運動を行うのはつらいもの。HIITでは1種目当たりの時間が長くても20-30秒と短く細切れなので、思ったよりもあっという間に終われる感覚になれるのもうれしいポイントです。

また、特別な器具やマシンがなくてもできるので場所を選ばずどこでもできるのも続けやすいポイントかもしれません。

早速実践!1日5分からチャレンジするミニトレーニング!

うれしい効果がたくさんのHIIT。まずは体力がつくまで5分からでも始めるだけでもカラダの変化を実感できます!そこで器具いらずで自宅でもできるミニトレーニングをご紹介。

==毎日5分のミニトレで代謝アップ==

● 30秒-15秒の繰り返しを覚えよう!

覚えるのは3つの種目だけ!
①バーピージャンプ30秒⇒足踏みで15秒休み
:腕立ての状態から脚を手の方へジャンプで戻し、ジャンプで立ち上がる
②クイックプランク30秒⇒足踏みで15秒休み
:写真のようにプランクの状態から脚を斜めに引き上げすばやく交互に入れ替える
③スプリットジャンプ30秒⇒足踏みで15秒休み
:両足をはさみのように前後入れ替えしてランジジャンプ

● 3つの種目を2ターン続ける!

①~③の動きを2ターン続けると約5分。実際に行ってみると、かなり心拍数があがるのがわかるはずです!
コツは決まった秒数内を精一杯の速さで止まらず行うこと。これでスリムなカラダも夢じゃありません!

● 種目のチョイスのコツは「多関節運動」

多くの関節が同時に動く運動は、それだけ関節に付随するたくさんの筋肉がうごくことにつながります。たくさんの筋肉が動くと必要なカロリー多くなり、心拍数もあがりやすく。
自重を使ったトレーニングは特に多関節運動が多いのでオススメですよ!

いかがでしたか?5分からはじめられる!となればはじめやすいのではないでしょうか?
ぜひアクティブでスリムなカラダを「時短トレーニング」でゲットしましょう!

レースを疑似体験?がっつり汗をかける人気トレーニングはこちら

この記事は参考になりましたか?

はい

いいえ

最新記事をチェック!

ランキングランキング

目的

「いいね」したくなる新情報、
続々更新中!