カラダもココロもスッキリと! 疲労回復でカラダが変わる!

  • 全年代

毎日の生活の中では、色々なストレスがあります。ストレスと聞くと「気持ち」のストレスと思いがちですが、実は精神的でも、肉体的でもカラダに入ると同じストレスにカラダは感じています。そんなストレスから来る疲労を解消するために、今回は「疲労回復」をテーマにカラダもココロもすっきりさせる「アクティブリカバリー」術をご紹介いたします。

CONTENTS

1.知っておきたい! 「疲労」と「回復」のしくみ

毎日の暮らしの中にはさまざまなストレスがあります。社会生活の中での精神的なストレスもカラダを酷使することによる肉体的なストレスも、私たちのカラダは同じ負荷(=ストレス)としてとらえ、それを回復させ病気から守るための防御反応を働かせます。防御反応には3種類の機能があり、連携してカラダを守ります。

〈自律神経〉カラダの調子のコントロール役。ストレスを受けると指令を出す
〈内分泌系〉ホルモン分泌で体内機能を正常に保つ
〈免疫系〉病気の原因となるものと闘い、カラダを守る。

ストレスと回復を繰り返すことでカラダやココロは強くなるのですが、回復が十分にされないと防御反応が過剰になり、自律神経やホルモンバランスが乱れて体調不良の原因に。また、新陳代謝が低下して脂肪もたまりやすくなります。

2.きちんと「疲労回復」することによって得られる3つのメリット

疲労の回復は、体力を取り戻すだけでなく、カラダの内にも外にも良い影響を与えます。

1)トレーニング効果があがる

十分な回復状態にあるカラダは一定の“負荷”をかけることによってグンと成長しやすくなります。有酸素運動や筋力トレーニングなど、負荷のかかるトレーニングを行えば、その後のホルモン分泌も良好になりカラダに好循環をもたらします。逆に疲労が抜けていないカラダではトレーニングの効果も半減。

2)見た目がきれいでアクティブに

疲労がたまると、カラダの中の調子を整えることにカラダが忙しくなるため、血流の悪化や代謝の低下によって栄養運搬や毒素排出が滞って顔色がわるくなり、姿勢も悪くなっていきます。十分に疲労回復ができていると、顔色がよく、肌のツヤも表情も明るくなり、自然と姿勢もよくなって見た目の印象もアップします。

3)仕事も遊びもパフォーマンスアップ

疲労は自律神経の働きと深い関係にあり、栄養補給や呼吸の質にまで影響します。集中力や持続力、物事をポジティブにとらえる思考などに関わる「脳」にも十分な栄養と酸素は不可欠。つまり、疲れはカラダにも脳にも影響し、仕事でも遊びでも「やる気」が落ちてしまうことになります。疲労を回復すれば巡りが良くなり仕事の効率がアップ。また休日も楽しめるはず!

3.「休息」=「ごろごろする・寝だめする」がNGって本当!? 「アクティブリカバリー術」のススメ

ひどく疲れたからといって休日に1日ゴロゴロしたり、寝だめをしたり、というのでは生活のリズムをくずし、カラダにとってかえってマイナス。実は、カラダを積極的に気持ちよく動かすほうが疲労回復を早めてくれるのです。

回復ポイント1:代謝アップ

軽めの有酸素運動を一定時間続けることによって血流をアップし、酸素をたっぷりカラダに取り込み、疲労物質を効率的に代謝します。

回復ポイント2:筋肉・関節・神経へのアプローチ

カラダをゆるめて、動かしながら関節と筋肉のコンディションを高める「ファンクショナルストレッチ」*などがおすすめです。

自宅でカンタン!今日から始める
ファンクショナルストレッチ!はコチラから




回復ポイント3:呼吸アプローチ

大きな動作と呼吸をシンクロさせ、正しい呼吸で副交感神経を活性化して自律神経を整え、カラダを回復モードに。ストレッチやヨガなどがおすすめです。



いかがでしたか? ココロもカラダもスッキリしている人は、「アクティブリカバリー」でしっかり疲労回復しています。「疲れたから家に帰って休む」ではなく、「疲れたから、ちょっとカラダを動かす」という発想へ。ぜひ自分に合ったリカバリー要素を取り入れて、“疲労回復マスター”になりましょう!

この記事は参考になりましたか?

はい

いいえ

最新記事をチェック!

ランキングランキング

コンディション

目的